So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽熱温水器からの漏水(その4) [メンテナンス]

太陽熱温水器の漏水も完全にシリーズ化しました。(泣)

気づいたきっかけは散水ホースリールから水が漏れるということで調べていたときに外壁が濡れていたことでした。
ひと目で太陽熱温水器からの漏水を疑いましたよ。

屋根に上がってみるとこれまでのところからの漏水ではなく、集熱板の下から漏れているようです。

そこでコロナのサービスに電話すると見に来てくれることになりました。
後日工事屋さんから連絡が入り、9月26日(日)に来てもらいました。(日曜日なのでちょっと驚きました。)

見てもらったところ、タンクのところにあるホースから漏れているのだろうということで、修理代は3万円未満という見積でした。
ちょっと高いかなとも思いましたが修理をお願いしました。
もちろんこれから部品を発注するので修理は後日となります。

修理の連絡が入りました。30日(木)に休みをいれていましたので修理はその日にしてもらいました。

30日(木)は生憎朝から雨でした。
朝の9時ちょうどに工事屋さんが来て雨のため明日か明後日にさせてもらいたいと申し出られました。
明日は休めないので土曜日にお願いします。
小雨でしたのでまさか延期ということはないと思っていました…

本日やっと修理の日です。
タンクが入っているところの左右2箇所にあるカバーを外してみるとやはりそこのホースから水が漏れていました。

KC3R0275.jpg

次の写真は向かって右側のところですが、こちらからは漏水はありませんでした。
しかしながらプラスチックの蛇腹で劣化していると思われるので5本全て交換しておいてもらいました。

KC3R0276.jpg

これまでの漏水していたところもついでに部品交換しておいてもらいました。
この写真の状態だとまたカラスにつつかれて穴があくかもしれないため、空き缶を切って作ったカバーをしておきました。

KC3R0277.jpg

周りの屋根を見回しましたが太陽熱温水器がのっている屋根は数軒ほどでした。

KC3R0278.jpg

修理代は23000円(税込)でした。
思っていたより少なかったです。
内訳は出張料2700円、技術料15000円、部品代4510円、以上に消費税で千円未満切り捨てでした。

これ以上なにもないことを願います。

(10月10日(日)追記)漏水がないか屋根に上がって確認したところ、大丈夫でした。
放水用のキャップにかぶせていた空き缶は片方が外れていました。
スチール缶のほうが外れており、また錆びているので今度アルミ缶を加工して取り付ける予定です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。