So-net無料ブログ作成
検索選択

マキタ充電式芝生バリカン [ガーデニング]

SwannHouseの建築当初の芝生は次の写真のようにインターロッキングの隙間に植えたものでした。

建築当初の芝生の様子

芝生の生命力は凄まじいもので、メンテナンスを怠るとこのようになります。

メンテを怠った芝生

今まで、何度か芝生ハサミや剪定ハサミでメンテナンスしましたが、大変な労力のため、ついつい写真のような状態になってしまいます。
妻から電動バリカンを買おうと前々から言われていたので、色々と調べたところ、マキタ充電式バリカンMUM164DZが候補に上がりました。
MUM164DZはバッテリーと充電器が付属しないタイプです。
バッテリーと充電器は既に持っている、「充電式インパクトドライバTD090DWXW」と充電式クリーナCL102DZと共有可能となっています。

「DAISHIN工具箱」というショップで5月20日(月)夜に注文。
21日(火)に22日(水)出荷との連絡。
22日(水)夕方に出荷済との連絡。
23日(木)に届きました。
7570円(税、送料込)でした。
ちなみにバッテリー、充電器付のMUM164DWとなると、13310円と5740円高くなります。

バッテリーはBL1013でアマゾンでは4709円、充電器DC10WAはアマゾンで5624円もしますので、それぞれ単体で購入するより、セットになっているもののほうが有利ですね。

MUM164DZのパッケージです。

MUM164DZパッケージ

MUM164DZ本体です。マキタカラーという感じです。

MUM164DZ本体

ハンドル後部にバッテリーを格納する部分があります。

MUM164DZのバッテリー格納部

プラスチック製のブレードカバーです。

ブレードカバー

底面にはブレードを交換するときに取り外すカバーとなっています。

MUM164DZ底面

シャーブレード(Shear blades)です。

MUM164DZのシャーブレード

横面には型番、仕様とともにMade in Japanの表記!

MUM164DZの横面シール

バッテリーのBL1013です。これは「充電式インパクトドライバTD090DWXW」に2個同梱されていたもので、毎日使用しているクリーナーで1個は必ず充電しスタンバイしています。

バッテリーBL1013

ベースフレームにより刈り込み高さを3段階変更できるようになっており、一番低くした状態で使用しました。
電源スイッチはロックできないようで、連続使用するにはスイッチを引いた状態にしておく必要があります。
パワーは十分で、芝生の面積的にもバッテリー1本で丁度刈り込むことが出来ました。
ただし、建築当初のインターロッキングが見えるようになるまでにはさらに刈り込む必要がありますが、そこまでは難しいかもしれません。

メンテナンス後
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。